食品/飲料

黒烏龍茶の効果!効果なしの理由とデメリットと太る可能性について解説

黒烏龍茶の効果

ダイエット効果が期待できると言われている黒烏龍茶。本当に効果があるのかどうか気になりますよね。

そこで今回は、黒烏龍茶のダイエット効果だけではなく、デメリットや太る可能性などについて紹介していきます。

黒烏龍茶が効果なしと言われている理由

高いダイエット効果が期待できると言われている黒烏龍茶ですが、効果がないと書かれていることもあります。

ダイエット目的で黒烏龍茶を飲んでいる人なら、効果がないと書かれている理由が気になりますよね。その理由をいくつか紹介していきます。

炭水化物にも効果があると思っている

黒烏龍茶にダイエット効果があると知った人は、炭水化物にも効果があると思っている人がいるようです。

ですが、黒烏龍茶は脂肪(脂質)の吸収を阻害するもので、炭水化物(糖質)の吸収を阻害する働きはありません。なので、炭水化物にも効果があると勘違いしている人は気をつけましょう。

食べ過ぎている

黒烏龍茶を飲んでいたとしても、食べ過ぎには注意が必要です。いくらダイエット効果の高い黒烏龍茶でも、期待し過ぎるのは良くありません。

食事と一緒に黒烏龍茶を飲むと、食後の血中中性脂肪の上昇が約20%も抑制されると言われています。約20%抑制されるのは、黒烏龍茶の摂取量や正しい飲み方を守っている場合のみです。20%ですので、気持ち程度に思っておいた方がいいでしょう。

飲み方を間違えている

黒烏龍茶は、食事中に飲むことが大切です。なので、食前や食後に飲んでもダイエット効果は期待できません。

黒烏龍茶の摂取量が少ない人もいるでしょう。黒烏龍茶は、1回の食事で350ml✕2回飲むのが良いと言われています。

黒烏龍茶の効果について

黒烏龍茶と言えば、普通のお茶よりも濃い色で苦味があるのが特徴です。そんな黒烏龍茶には、脂肪の吸収を阻害する働きの強いウーロン茶重合ポリフェノールが含まれています。

ウーロン茶重合ポリフェノールは、脂肪の吸収を阻害するだけではなく、吸収できなかった脂肪を排出する働きもあるので、高いダイエット効果が期待できます。

黒烏龍茶には、ウーロン茶重合ポリフェノール以外にも、カテキンやカフェイン、ミネラルやビタミンなど様々な栄養成分が含まれているので人気が高いです。リラックス効果が期待できるテアニンも含まれています。

黒烏龍茶のデメリット

ダイエット効果の高い黒烏龍茶には、いくつかのデメリットがあります。デメリットの主な原因は、黒烏龍茶に含まれているカフェインです。

腸内環境の悪化

カフェインを摂取し過ぎると、自律神経のバランスが崩れて胃腸の働きが活発になり、下痢になることがあります。下痢の場合、水分が減るだけで腸内環境は綺麗になりません。

下痢が続いている場合は、腸内環境が悪化しているので注意が必要です。腸内環境が悪化すると、下痢だけではなく、便秘になることもあります。便秘だと太る可能性が高くなってしまうので気をつけましょう。

鉄分不足になる

黒烏龍茶に含まれているカフェインとタンニンには、鉄分の吸収を阻害する働きがあります。鉄分を吸収できないと頭痛や貧血になってしまうことがあります。

鉄分不足はダイエットにも良くありません。鉄分が不足すると、筋肉や内臓の働きが低下してしまい、基礎代謝も低下します。

基礎代謝が低下すると太りやすい体になってしまいます。基礎代謝が低下すると、今までと同じ食事量でも太ってしまうので嫌ですよね。

睡眠不足になる

カフェインには興奮作用があるので、飲むタイミングによっては眠れなくなることがあります。

睡眠不足になると、満腹ホルモンのレプチンが減り空腹ホルモンのグレリンが増えてしまうので、食欲が増えてしまいます。食欲の増加は体重の増加にも繋がるので気をつけましょう。

まとめ

黒烏龍茶には、脂質の吸収を阻害する働きがあるウーロン茶重合ポリフェノールが含まれているので、高いダイエット効果が期待できます。

ですが、黒烏龍茶に含まれているカフェインは、摂取し過ぎると腸内環境の悪化、鉄分不足、睡眠不足になるデメリットがあります。これらの症状によっては、太る可能性もあるので注意が必要です。

黒烏龍茶を飲んでいる人は、コーヒーや紅茶など他の飲料のカフェイン量にも気をつけましょう。

ダイエット目的で黒烏龍茶を飲んでいる人は、1日の摂取量や正しい飲み方を守ることが大切です。黒烏龍茶の1日の目安摂取量は、1回の食事で350ml✕2回です。黒烏龍茶を飲みながら痩せたいなら、できるだけ毎日飲むようにしましょう。さらに、適度な運動を取り入れるのがおすすめです。

ダイエット効果が期待できると言われている黒烏龍茶。本当に効果があるのかどうか気になりますよね。

そこで今回は、黒烏龍茶のダイエット効果だけではなく、デメリットや太る可能性などについて紹介していきます。

黒烏龍茶が効果なしと言われている理由

高いダイエット効果が期待できると言われている黒烏龍茶ですが、効果がないと書かれていることもあります。

ダイエット目的で黒烏龍茶を飲んでいる人なら、効果がないと書かれている理由が気になりますよね。その理由をいくつか紹介していきます。

炭水化物にも効果があると思っている

黒烏龍茶にダイエット効果があると知った人は、炭水化物にも効果があると思っている人がいるようです。

ですが、黒烏龍茶は脂肪(脂質)の吸収を阻害するもので、炭水化物(糖質)の吸収を阻害する働きはありません。なので、炭水化物にも効果があると勘違いしている人は気をつけましょう。

食べ過ぎている

黒烏龍茶を飲んでいたとしても、食べ過ぎには注意が必要です。いくらダイエット効果の高い黒烏龍茶でも、期待し過ぎるのは良くありません。

食事と一緒に黒烏龍茶を飲むと、食後の血中中性脂肪の上昇が約20%も抑制されると言われています。約20%抑制されるのは、黒烏龍茶の摂取量や正しい飲み方を守っている場合のみです。20%ですので、気持ち程度に思っておいた方がいいでしょう。

飲み方を間違えている

黒烏龍茶は、食事中に飲むことが大切です。なので、食前や食後に飲んでもダイエット効果は期待できません。

黒烏龍茶の摂取量が少ない人もいるでしょう。黒烏龍茶は、1回の食事で350ml✕2回飲むのが良いと言われています。

黒烏龍茶の効果について

黒烏龍茶と言えば、普通のお茶よりも濃い色で苦味があるのが特徴です。そんな黒烏龍茶には、脂肪の吸収を阻害する働きの強いウーロン茶重合ポリフェノールが含まれています。

ウーロン茶重合ポリフェノールは、脂肪の吸収を阻害するだけではなく、吸収できなかった脂肪を排出する働きもあるので、高いダイエット効果が期待できます。

黒烏龍茶には、ウーロン茶重合ポリフェノール以外にも、カテキンやカフェイン、ミネラルやビタミンなど様々な栄養成分が含まれているので人気が高いです。リラックス効果が期待できるテアニンも含まれています。

黒烏龍茶のデメリット

ダイエット効果の高い黒烏龍茶には、いくつかのデメリットがあります。デメリットの主な原因は、黒烏龍茶に含まれているカフェインです。

腸内環境の悪化

カフェインを摂取し過ぎると、自律神経のバランスが崩れて胃腸の働きが活発になり、下痢になることがあります。下痢の場合、水分が減るだけで腸内環境は綺麗になりません。

下痢が続いている場合は、腸内環境が悪化しているので注意が必要です。腸内環境が悪化すると、下痢だけではなく、便秘になることもあります。便秘だと太る可能性が高くなってしまうので気をつけましょう。

鉄分不足になる

黒烏龍茶に含まれているカフェインとタンニンには、鉄分の吸収を阻害する働きがあります。鉄分を吸収できないと頭痛や貧血になってしまうことがあります。

鉄分不足はダイエットにも良くありません。鉄分が不足すると、筋肉や内臓の働きが低下してしまい、基礎代謝も低下します。

基礎代謝が低下すると太りやすい体になってしまいます。基礎代謝が低下すると、今までと同じ食事量でも太ってしまうので嫌ですよね。

睡眠不足になる

カフェインには興奮作用があるので、飲むタイミングによっては眠れなくなることがあります。

睡眠不足になると、満腹ホルモンのレプチンが減り空腹ホルモンのグレリンが増えてしまうので、食欲が増えてしまいます。食欲の増加は体重の増加にも繋がるので気をつけましょう。

まとめ

黒烏龍茶には、脂質の吸収を阻害する働きがあるウーロン茶重合ポリフェノールが含まれているので、高いダイエット効果が期待できます。

ですが、黒烏龍茶に含まれているカフェインは、摂取し過ぎると腸内環境の悪化、鉄分不足、睡眠不足になるデメリットがあります。これらの症状によっては、太る可能性もあるので注意が必要です。

黒烏龍茶を飲んでいる人は、コーヒーや紅茶など他の飲料のカフェイン量にも気をつけましょう。

ダイエット目的で黒烏龍茶を飲んでいる人は、1日の摂取量や正しい飲み方を守ることが大切です。黒烏龍茶の1日の目安摂取量は、1回の食事で350ml✕2回です。黒烏龍茶を飲みながら痩せたいなら、できるだけ毎日飲むようにしましょう。さらに、適度な運動を取り入れるのがおすすめです。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。