野菜

玉ねぎから出た芽は食べれる?美味しい食べ方について解説

玉ねぎから出た芽は食べれる?

玉ねぎを放置したことってあります?
玉ねぎってね、放置しすぎると成長して芽がでてくるんですよね、、あ、こいつ生きてる。。って気分になりますよね。
見た目グロテスクよりになってくるのでちょっと捨てたくもなります。
芽といえばじゃがいもの芽もでてきますが、これは毒性がつよくてすてなきゃいけないんですけど玉ねぎの芽はどうなんでしょう
今回はそんな玉ねぎの芽について解説をしていきます。

玉ねぎの芽について

それでは玉ねぎの芽について解説をしてきます。

玉ねぎの芽は食べられる?

玉ねぎの芽はじゃがいもの芽とは異なり毒性がなく食べられるものになります。
注意点として玉ねぎの芽がですぎていると味が分散してしまいあまりおいしくないたまねぎとなっているので、少しでてきてるのでは、、となったら早めに美味しくたべてあげてくださいね。

玉ねぎの芽の美味しい食べ方

玉ねぎの芽は前述したようにしっかりと食べることができます。
めちゃくちゃ美味しいというより、薬味として活用をすることができます。

芽がでてきている葉っぱの部分を刻んで万能ねぎのように活用するのがおすすめです。
伸びすぎているとそんなにおいしくない可能性が高いので。少し食べてみて美味しくなかったらすててしまのがおすすめ。

玉ねぎの芽を取りたい

なんか気持ちわるいからとりあえず取りたいという人もいるのではないでしょうか?
玉ねぎの芽をとるには比較的直観的で問題はないと思いますが、玉ねぎをきってまんなかにらっきょみたいな部分から伸びているのでたまねぎの中心をきってしまえば玉ねぎの芽をとってしまうことができます。

からだにわるいものではないので、わざわざとる必要はありません。大切に育ててあげましょう(?)

比較的その部分はおいしくはないので、食べるのもあまりおすすめではないです

玉ねぎの芽が出る原因は?

玉ねぎの中の真ん中にあるので根本的に放置をすればでてきてしまいます。
ただし成長速度を遅くさせたり早くさせる方法があるので、その点を注意してみてみましょう。

玉ねぎの芽を出やすくさせるために

あまり実践をする人は少ないと思いますが、湿度と湿気と光よく当たることでたまねぎにとって好条件になりかなり元気に育ってくれます。
湿度がまったくなければ育ちにくいですね。

玉ねぎの芽が出るのを防ぐために

玉ねぎの芽をださせない方法は前述したやり方の逆張りをすればいいのです。

湿度は低いところに保管

湿気があるとたまねぎがいきいきしだします。通気性がひあっく的よく乾燥しているところならけっこう長持ちします。

新聞紙に包んでおくのも良いですね!

温度は低いところに保管

温度があたたかいのもよくないので、冷蔵庫や日陰となるところに保管をしましょう。

光にはあてない

なるべく日光浴はさせないようにしえください。暗い場所におくのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
今回はたまねぎの芽について紹介をさせていただきました。
僕はあまり玉ねぎが得意ではないので(食べられます!)
たまねぎの芽まではあまり食べたいとは思わない派ですね。。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。