食品/飲料

オリゴ糖のデメリットとメリットを解説!蜂蜜との違いから危険性まで紹介

オリゴ糖のデメリット

スーパーやドラッグストアでも、オリゴ糖という名前がついた商品を多く見かけます。砂糖よりも体にいいらしい、ということは聞いたことがあっても、具体的に何がいいのでしょうか。砂糖やはちみつとの違いやメリット、危険性を紹介していきます。

オリゴ糖のデメリット!体によくない危険性について

オリゴ糖のカロリーは砂糖と比べると低いですが、蜂蜜とそれほど変わりがありません。オリゴ糖のデメリットがあるのなら、わざわざ選ばなくてもいいのではと思ってしまいますね。

デメリット①使い過ぎで体調不良になる可能性も

オリゴ糖は、砂糖や蜂蜜に比べて甘味がさっぱりした物が多いです。普段と同じ甘味にしようとすると、使いすぎてかえって多くのカロリーを摂取してしまう可能性も。

また、オリゴ糖には整腸作用もありますが、ガスが溜まりやすくなったり、下痢をしやすくなってしまったりする副作用もあります。オリゴ糖の商品には1日当たりの摂取目安量が書かれていることも多いので、しっかりと確認しましょう。

デメリット②人工甘味料や添加物に注意

スーパーやドラッグストアでは、様々な種類のオリゴ糖が販売されています。オリゴ糖、と書かれていても、全てがオリゴ糖でできているわけではありません。甘味を増すためにショ糖(砂糖)や人工甘味料を添加している物も多いのです。

化学的に作られた合成甘味料(アステルパーム、スクラロース、サッカリンなど)は、カロリーはゼロに近い一方で、天然の糖類に比べて甘味がとても強い特徴があります。合成甘味料には血糖値の上昇を押さえたり、カロリーが低いメリットもありますが、かえって糖尿病のリスクを上げてしまうという研究結果や、強い甘味に舌が慣れて味覚が変わってしまうというリスクもあります。

健康やダイエットを考えるのなら、無添加のものや、天然由来の甘味料の入ったオリゴ糖を選ぶのがおすすめです。

【参考:『オリゴのおかげ』オフィシャルサイト

オリゴ糖のメリット

オリゴ糖のデメリットや注意する点をお伝えしましたが、それを 超えるメリットもあります。

オリゴ糖は難消化性!ダイエットに最適

オリゴ糖は砂糖と比べてカロリーが低いだけでなく、蜂蜜よりもエネルギーが吸収されにくいのです。それは、オリゴ糖が難消化性だからです。オリゴのおかげに入っている乳化オリゴ糖や、てんさいオリゴのラフィノースは、難消化性のオリゴ糖で、小腸の消化酵素ではほとんど消化されず大腸に届き、血糖値の上昇にほとんど影響しません。

砂糖や果糖、ブドウ糖はすぐに吸収され、血糖値を急上昇させます。そうするとエネルギーを必要以上に取り込んでしまい、太りやすくなってしまうのです。蜂蜜にはオリゴ糖も含まれていますが、ほとんどがブドウ糖や果糖です。単純にカロリーだけでなく、吸収のされにくさでも比べると、オリゴ糖の方がダイエット向きの甘味料と言えますね。

腸の調子を整えてくれる

大腸まで届いたオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌のエサになります。ビフィズス菌が増えると腸の調子が整い、便秘の改善も期待できます。また、腸内環境が整うことにより、肌荒れや対策や美肌にも繋がります。

オリゴ糖について!蜂蜜との違いを作り方や成分・カロリーから比較

オリゴ糖のデメリットを知る前に、どんなものなのかを知っておきましょう。オリゴ糖とは私たちのエネルギー源になる糖の一種です。なぜこのような名前なのか、他の糖類とのカロリーを比較しながら見ていきましょう。

オリゴ糖とは・オリゴ糖の名前の由来

砂糖も、ごはんなどに含まれるでんぷんも、オリゴ糖も、みんな糖類です。糖類は、以下の3つに分けられます。

①単糖類

果糖(フルクトース)やブドウ糖(グルコース)がこれにあたります。単糖とは、糖の最小単位です。次に説明している多糖類も少糖類も、この単糖類がくっついて作られています。

②少糖類

単糖が2~10個ほど結合した糖類のことを言い、オリゴ糖はここに入ります。砂糖は果糖とブドウ糖が結合した二糖類、オリゴ糖は3~10個の単糖が結合した糖です。

③多糖類

10個以上の単糖が結合したものをいい、でんぷんがこれにあたります。

オリゴ糖の「オリゴ」は、ギリシャ語で「少ない」という意味です。少糖類だから、オリゴ糖というのですね。

オリゴ糖は野菜や果物にも含まれている?

オリゴ糖は、少糖類の一種だということがわかりました。砂糖との違いは、糖の結合の仕方です。スーパーにはオリゴ糖として売られていますが、自然界にもオリゴ糖は存在します。

【オリゴ糖を多く含む食品】

大豆等の豆類・玉ねぎ・ごぼう・アスパラガス・バナナ・牛乳・ヨーグルト・蜂蜜など

蜂蜜の中にもオリゴ糖は含まれているのですね。

オリゴ糖と蜂蜜の違いは?カロリーを比較

蜂蜜にも含まれているオリゴ糖ですが、市販されているオリゴ糖は、砂糖やでんぷん、豆などから作られています。

カロリー/10g
砂糖38kcal
蜂蜜29.4kcal
オリゴのおかげ23kca
てんさいオリゴ29.5kcal

やはり砂糖が一番カロリーが高いですね。ですが、蜂蜜はオリゴ糖とそれほどカロリーが変わらなさそうです。

まとめ

オリゴ糖とは何か、どんなデメリットやメリットがあるのかを紹介しました。

オリゴ糖は…

・少糖類の一種で、通常の食べ物にも含まれる成分

・砂糖よりもカロリーが低い

・蜂蜜とカロリーはそれほど変わらない

・難消化性で、蜂蜜よりもエネルギーが体に吸収されにくいためダイエット向き

・ビフィズス菌のエサになり、腸の調子を整えてくれる

取りすぎや添加物に注意をすれば、オリゴ糖を使うメリットはたくさんあります。

色々な種類のオリゴ糖がありますので、自分にあった商品を探してみてください。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。