野菜

にんにくを生で食べるのは危ない?加熱したにんにくとの違いを紹介!

にんにくを生で食べるのは危ない

にんにくを生で食べたことはありますか?基本的ににんにくは生で食べるものではないですが、人によっては生で食べるという人もいます、生ニンニクで食べるメリットとデメリットについて紹介をしていきます。
今回は知り合いの栄養管理士の方が監修した記事になるので是非参考にしてください。

生にんにくについて

にんにくといえばスタミナや元気になるために食べるものというイメージをもっている人が多いと思います。
スタミナをつけるための料理としてにんにくはよく使われ、加熱もされているものがほとんどです。
それではなまにんにくのメリットについて紹介をしていきます。

生にんにくのメリット、良い効果

生にんにくの効果として下記のような効果があります。
生にんにくを食べることで冷え性の改善から疲労回復免疫力の向上、アンチエイジング効果など多くの良い効果が期待することができます。
そして殺菌作用が強いため風邪をひかないようにするためにはとても適した食材なのです。

生ニンニクのデメリット、悪い効果

前述した効果だけを見ると体に良いことしかないようにも見えますが、生で食べることで悪いこともあります。
悪い効果として胃痛や下痢をしやすくなり口臭と体臭が臭くなります。
胃痛もしやすくなり、血も止まりにくくなってしまうので注意をしましょう。
そして単純においしくないという人も多いと思います。
にんにくを食べすぎると貧血になってしまったりする人もいるので注意しましょう。
これから人と会うという人は生にんにくを食べるのは特に注意をしてくださいね。

生にんにくと加熱したにんにくの違いについて

加熱をすると、さらに美味しくなるにんにく
大きな違いとしては味と触感が大きく変わります。生にんにくの場合しゃきしゃきとしたような触感ですが、にんにくを加熱するとホクホクといったものになります。
そして最も注目すべきなのは効果が変わるのです。

効果の違いについて

同じ食材ではありますが、生と加熱で効果が大きくかわります。
生のにんにくの場合アリシンという成分があるのですが、加熱をすることでアホエンというものに変わります。

生ニンニクのアリシンの効果について

生ニンニクにあるアリシンの効果としては抗菌、殺菌作用が非常に強力でその効果はペニシリンより強い効果があるといいます。
効果として疲労回復効果の期待がされています。

デメリットとしては非常に強烈な臭いがでます。

加熱したニンニクのアホエンの効果について

加熱することで生まれるアホエンとい成分が生まれます。
アホエンの効果として風邪の予防から美肌効果の他殺菌作用など少しでも免疫力をつけるならばアホエンを取る形がおすすめです。
このアホエンはオイルで販売されていたりしますよね。

生ニンニクの安全な食べ方について

生にんにくを安全に食べるためにはいくつか注意をする必要があります。
前述した通り生ニンニクを食べると体臭、口臭ともにきつくなり胃痛もひきこしやすくなるため、まずは食べ過ぎないということが必須です。それではどれくらいの食べる量がベストなのでしょう。

生ニンニクは1日どれくらい食べていい?

1日食べてい医療の目安として生にんにくの場合は1片くらいがベストです、加熱をしたにんにくの場合は多くても3片くらいにしましょう。個人差はありますが体質によってはすぐにお腹がいたくなってしまう人もでてくるはずなので自分にあった量をたべるようにしてください。

空腹時は食べない

お腹が減っている、今自分の目の前にあるのは生にんにくしかない、、、そんなシチュエーションはほぼありえないと思いますが、空腹時に食べるのはなるべくさけてください。
胃管がおおきく反応してしまいにんにくの殺菌作用により胃痛や便の問題が発生する可能性が高まります。

乳製品と一緒に生ニンニクをたべる

味としてはあまりあわない組み合わせかもしれませんがヨーグルトや牛乳などのたんぱく質のある食べ物をとることでにんにくの成分のアリシンを包み込んで、強烈なにおいを緩和してくれます。
それ以外にも殺菌作用も緩和させるため胃痛のリスクも低減されます。

まとめ

いかがでしたか?今回はドラキュラも逃げ出すような生ニンニクについて紹介をさせていただきました。
生ニンニクは健康に良い食品ではありますが、諸刃の剣でもあります。
量を守りながら健康増進にやくだててくださいね!

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。