デリバリー

黒米のデメリット!ダイエット効果から効能について紹介

今までいろんなダイエット法を試してきたけど、続かなかった…という経験をした人も多いのではないでしょうか?ダイエットはしたいけど、できるだけ健康的にダイエットをしたいですよね?

黒米は、普段食べている白米に少しプラスするだけで、効果的に栄養を摂取できる手軽なダイエット法として人気があります。しかし、黒米のデメリットを聞いたことがあり、なかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

今回は、ダイエットや健康を気にしている忙しい社会人に、黒米がもたらすダイエット効果や効能について紹介します。黒米のことを知ると体のことを意識するようになるので、病気になりにくい健康的な体を手に入れられます。

黒米のデメリット

黒米を食べる時にはデメリットもいくつか注意点があるので、しっかり特徴を理解しておかないと逆効果になる恐れがあります。ここでは黒米を食べる時の注意点を紹介していきます。

黒米を食べすぎると下痢になる

黒米が健康に良いと思って食べ過ぎてしまうと下痢になる恐れがあります。黒米にはポリフェノールが含まれていて、これを摂取しすぎることで下痢になってしまいます。

ポリフェノールたっぷりでも硬い黒米を食べ過ぎると胃腸への負担が大きくなり、下痢気味になってしまいます。胃腸が弱い方は黒米を食べる量には注意した方がいいでしょう。

黒米を食べる時間帯を意識する

黒米を食べるのであれば、就寝の3時間以上前には食べ終わっているように意識しましょう。黒米は白米に比べると硬いので、胃や朝に負担がかかるからです。

就寝前に黒米を食べてしまうと睡眠の質も下がり、体への負担もあります。黒米は消化に時間がかかることを意識して、時間帯を考えて食べましょう。

黒米の早食いは体の負担になる

黒米を早食いしてしまうと体の負担になります。前述したように、黒米のような雑穀米は白米に比べて硬くて消化しにくいからです。

白米と同じように慌ただしく食べ続けていると、胃腸への負担が大きくなって、便秘や下痢といったトラブルを引き起こすリスクが高まります。黒米は早食いをせずに、しっかり噛んで食べることを心掛けましょう。

黒米について

黒米はデメリットだけではなく、ダイエットに効果的な理由があります。ここでは黒米の栄養やダイエット効果について紹介していきます。

黒米ってなに?種類や栄養について

・黒米は日本の米のルーツといわれる古代米

・黒米は薬膳料理に使われるほど栄養豊富

黒米は稲の原種のことで、古代米とも呼ばれます。果皮や種皮にポリフェノールの一種であるアントシアニン系の紫黒色素を多く含んでいるので、濃い紫や黒色をしているのが特徴です。

黒米には、たんぱく質や脂質が多く含まれています。しかし、カロリーや糖質量は低くて、食物繊維を白米や玄米の2倍以上も含み、ほかの食品と比べると、黒米は栄養価が高くてヘルシーなので、精進料理にも使われています。

黒米の驚くべき効果とは?

黒米は、美容や健康効果があるといわれています。具体的な例としては下記の3つです。

・黒米は余計な脂肪を燃焼してくれる

・黒米には腸内環境を整える作用がある

・目の疲労回復効果

一般的な白米に比べて黒米は、たんぱく質やビタミン類、アントシアニンを豊富に含んでおり、胃腸のサポートや糖尿病にも役立ちます。

 黒米が持つダイエット効果から効能についてくわしく紹介

黒米が持つダイエット効果や効能はたくさんあります。食べ方によって黒米のメリット、デメリットがあるので、ご自分の生活に合わせて黒米を食べるようにしましょう。

食物繊維が豊富だから便秘解消効果

黒米は便秘の解消効果があると言われています。なぜなら「食物繊維」が白米の約6倍近く含まれており、便通を改善する効果があるからです。

食物繊維は主に、果物やこんにゃく、キャベツなどの野菜やいも、豆や穀物類に含まれています。食物繊維を摂取することによって、腸の中で食物繊維が膨らんで腸の動きを活発化します。老廃物に水分をプラスさせて排出させやすくなる効果もあります。このように黒米に含まれている豊富な食物繊維によって、便秘解消が期待されています。

血糖値の急激な上昇を抑えてくれる

黒米は血糖値の上昇を抑制してくれる効果があります。

黒米に含まれるアントシアニンには、血糖値を低下させる作用と血糖値の上昇を抑制する効果が確認されているからです。

食べ物の血糖値への影響を表すのに、GI値(グリセミック・インデックス)というものがあります。この値は、食べ物が体の中で糖に変わって血糖値が上がるスピードを図ったものです。

・白米のGI値・・・84

・黒米のGI値・・・50

GI値は低ければ低いほど、血糖値への影響が少なくないので、黒米が血糖値の上昇を抑えてくれることが数字からもよくわかります。このように黒米は血糖値の急激な上昇を抑えてくれる食品だといえます。

抗酸化作用で美肌・アンチエイジング効果

黒米は抗酸化作用で美肌・アンチエイジング効果が高いと考えられています。ビタミンEが豊富で、黒米を黒くしている成分の「アントシアニン」は、ポリフェノールの一種であり、抗酸化作用が期待できる成分だからです。

実際に、黒米に含まれる「アントシアニン」は、体内に発生する活性酸素を消去し、毛細血管を強くして血流を良くする効果があります。よって、黒米には抗酸化作用、アンチエイジング効果が期待できます。

 まとめ

今回は、ダイエットに良いと評判の黒米のデメリットやメリットを紹介しました。黒米はカロリーや糖質量が少ないため、ダイエットをしたい人には嬉しい食材です。また、美容や病気の予防にも役立ちます。

黒米にはデメリットもありますが、食べ過ぎや早食いをしないように心がけるとメリットが大きいです。黒米は効果的に栄養を摂取できるので黒米を習慣化すると、健康的なダイエットができることでしょう。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。