食品/飲料

アボカドは茶色でも食べられる!変色のサインについて解説

アボカドを切ってみたらいつも見ている色と違う色になっていた、黒色だったり茶色だったり場合によっては黒色だったりもします。
アボカドの色ってどの色までならたべられるのかについて解説をしていきます。

アボカドの変色について

それではアボカドの色別に食べられるか解説をしてきます。

茶色のアボカド

アボカドをきったあと、だんだんとアボカドの色が茶色になってきているな、、と思う人は多いのではないでしょうか?
茶色くなっている理由は食品すべてに関わる酸化という現象です。
切ったときにとくに色の変化がない状態の茶色でしたら大きな問題はありません。

茶色の線・黒い斑点について

切ると少し黒いテンテンや茶色い線がる場合は傷んでいるとわけではなくアボカドの維管束という栄養を送る管のようなものなので問題なくたべることができます。

黒いアボカド

切った後真っ黒だった場合は、くさっている可能性が非常に高いです。

むりせずそっと廃棄するようにしてください。

https://twitter.com/mikihirano/status/1257272850563518466

食べられない、腐っているアボカドについて

腐ってる場合の見た目

アボカドが腐っているとまず、触ると以上にやわらかいです。さわればくずれてしまうようにぐちゃっとなります。
そして皮の部分は黒くなっていたり、または白いカビが生えています。

切った中身について

切った後はもっとわかりやすく、変な汁がでていたり中身が真っ黒になっていればもう食べることはできません。
匂いも強烈な臭いになっているのですぐにわかるはずです。

新鮮なアボカドを判断する方法

新鮮なアボカドを判断するのは基本的に切らないとほとんどわからない場合が多いです。

ただしポイントとしてヘタが浮いていなかったり弾力が柔らかすぎないこと皮の色が緑や黒っぽい中間の色になっているかで判断をある程度することが多いです。
とりあえず触ってみてぶよぶよしてるあぼかどは避けると覚えておいてください。

ABOUT ME
アバター
ハル
管理栄管理士のハルです!プロの管理栄養士としてたまに講演会をやらせていただいています。定期的に料理教室を開いたり、栄養指導のお仕事の他にも食に関するライティング業をしていたり、毎日忙しい日々を送る食のプロの主婦です。