野菜

大根が苦いのは何で?苦味を消すテクニックと苦い大根の見分け方料理方法を解説

大根苦い

大根って美味しいですよね。おでんの大根は美味しいですがたまに大根が苦いな、、って思ったりしませんか?苦くなった大根は少し食べにくいと思いますので、今回は苦味の原因と消すテクニックについて紹介をします。

大根が苦い原因について

大根が苦くと感じるのはいくつか理由があります。
大根が苦い理由はいくつかあります。
理由として筋の部分のある苦みや大根の部分、そして収穫された時期によって変わってきます。

大根の部分で味が違う

大根は部分的に苦味が異なります
まず大根の上の部分は甘く、真ん中の部分は甘く辛みがある中間地点となります。
そして苦味のある原因が下の部分が苦味と辛みが強い特徴があります。

苦くて辛いな、、と思ったら大根の下の部分を食べることが原因になります。

大根が旬ではなかった

旬ではない大根は比較的に苦い特徴があります。
冬の大根は甘いのですが夏場の大根は苦味や辛みが多いことが比較的に多いです。
旬ではない大根は、おでんにしてもあまりおいしくないことが多いのです。
そのためおでんは冬の時期が美味しいのです。

大根の皮の近くを食べた

大根の皮の部分は繊維質が多く、苦味の成分が非常に多いです。
そのため皮を厚く切り取るとにがみを取り除くことができます。

苦味を消す方法

苦味を消すにはいくつか方法があります。

下茹でをすることで苦味がとれる

苦味をおさえるために、下茹でをしましょう。
特に旬の季節ならおでんで下茹でをすれば、更に柔らか書くなって美味しくなります。
下茹ですることで甘味をさらにアップします。

下茹でして苦かったときはどうする?

下茹でをちゃんとしても苦いということがあります。
そんなときは調理の方法で比較的に苦味を抑えることができます。

苦味をとるのはここまでくると難しい部分があるので、味噌田楽やカレーパウダーをとって大根の味をごまかすことができます。

まとめ

いかがでしたか?今回は大根の苦味について解説をさせていただきました。
大根の苦味は旬の部分が大きかったり部分によっても味が異なる特徴があります。
苦味を取りたいときは是非参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
ハル
管理栄管理士のハルです!プロの管理栄養士としてたまに講演会をやらせていただいています。定期的に料理教室を開いたり、栄養指導のお仕事の他にも食に関するライティング業をしていたり、毎日忙しい日々を送る食のプロの主婦です。