食品/飲料

コストコのポップコーンを失敗しないための作り方!うまくいく方法を解説!

コストコのポップコーンの中でも、カークランドシグネチャーの「マイクロウェーブポップコーン」はかなり人気の商品ですよね。安くて美味しくて大容量、おまけに電子レンジだけで作れる手軽さと良いこと尽くしです。

しかし、手軽ではありますがひとつだけ欠点があります。それは、電子レンジで作るとたまに失敗してしまうということです。でも、ちょっとしたコツを知っていれば失敗知らずになります。今回はコストコのポップコーン作りを失敗しないコツと、ちょっとしたポップコーンアレンジを紹介します。

コストコのポップコーンで失敗知らずに!覚えたい3つのコツ

それではコストコの「マイクロウェーブポップコーン」を失敗せずに作る3つのコツについて説明します。コツは「加熱後シャッフル」「不発コーンは諦める」「加熱し過ぎに注意」の3つです。順番に紹介します。

説明通り加熱したら一度取り出してシャッフル!

まずは説明書どおりの時間加熱します。するとほとんど膨らんできますが、ここで一回取り出します。(※熱いのでミトンなどを着用して掴んでください)

取り出したら軽くシャッフルしましょう。これにより熱のムラを減らし、焦げすぎ・不発を最小限に抑えることができます。

シャッフルしたら600wなら約2分ほど温めてください。最初の加熱時間では不発が多いので、ここで残りも加熱します。

不発ポップコーンは諦めよう

どんなに良いコツでポップコーンを加熱しても、絶対に不発ポップコーンは出てきます。なんだかもったいない気がしますが、この不発コーン達は潔く諦めましょう。

諦めきれないからといって不発ポップコーンを無理やり加熱して膨らませても、正直美味しくないです。加熱しすぎて種皮の部分が焦げて苦くなりますし、加熱しすぎによってバターの風味も飛んでしまいます。

加熱し過ぎは禁物!

なるべく多くのポップコーンを膨らませたいからといって加熱時間を伸ばしすぎると、今度は美味しくできたはずのポップコーンが焦げてしまいます。加熱時間が長ければいいというわけではないので、できれば加熱し過ぎは避けましょう。

コストコのポップコーンはコスパ抜群!?おすすめの理由

ところで、なぜコストコのポップコーンでもマイクロウェーブポップコーンはこんなにも人気なのでしょうか?まずはその人気の理由について2つ紹介します。

安いうえに大容量

マイクロウェーブポップコーンの見た目は非常にコンパクトです。調理前は本棚に入れても違和感がないくらいの薄さと小ささです。

これがなんと44袋も入っているうえ、調理すると紙袋の中にポップコーンがパンパンに詰まっています。1袋47円で出来たてのポップコーンがたくさん食べられるコスパの良さが人気の理由のひとつです。

作り方は電子レンジでチンするだけ

おうちでポップコーン作りといえば、アルミ皿を火にかけて「ポンポンッ」という音がするまで待つ、というのが一般的なイメージです。

でも、マイクロウェーブポップコーンは、紙袋を電子レンジに入れて表示どおりに加熱するだけでOKです。火加減を見る必要もありません。大容量な上に作り方もとっても手軽といった点も人気の理由です。

【参考:コストコ「カークランドシグネチャー 電子レンジ用ポップコーン 44袋 4.1kg」

コストコのポップコーンでスイーツ!?おすすめアレンジ3選

コストコの「マイクロウェーブポップコーン」はたくさん入っていてお得ですが、食べ続けているとさすがに飽きてしまいますよね。

そんなときにはお手軽アレンジがおすすめです。ここでは、3つのお手軽アレンジ方法を紹介します。

アレンジ1:お手軽味変!チーズポップコーン

「チーズポップコーン」は、チェダーチーズと溶かしバターを用意するだけで出来るアレンジです。

作り方は、温めたばかりのポップコーンに溶かしバターとチェダーチーズをかけて混ぜるだけです。さらに黒胡椒をかけてもパンチが効いてより美味しいです!

チーズとバターの風味で、いつものポップコーンよりさらにお酒が進むおつまみにもなります。チーズはお好みのチーズでも大丈夫ですよ。できれば熱を加えると溶けるタイプがGOODです。

アレンジ2:甘いのが好きなら!チョコポップコーン

甘いアレンジポップコーンが好きなら「チョコポップコーン」もおすすめです。材料はチョコレートだけです。

チョコレートはポップコーンを温めている間に細かく刻みましょう。ポップコーンを加熱したら、耐熱容器に刻んだチョコレートを入れ、溶けるまで温めます。溶けたらそこにポップコーンを入れて混ぜるだけです。

少し経つと溶けていたチョコレートが冷えて固まり、違った食感が楽しめます。もちろん、温かいままでも美味しいですよ。ココアパウダーをかけるのもおすすめです。

アレンジ3:ポップコーンバー

今度は少し手間をかけたポップコーンスイーツ、「ポップコーンバー」です。用意するのは溶かしたホワイトチョコ、マシュマロ、ストロベリーパウダーや抹茶などのお好みのフレーバーです。

ポップコーンを加熱したら、予め用意した材料とボウルに入れてよく混ぜます。マシュマロはちぎっておくと混ぜやすいです。ねっとり感が出るまで混ざったら、バットなど平たい容器に平らにならして冷蔵庫で冷やしましょう。固まったら好きな大きさに切って完成です。

他のアレンジに比べて少し手間がかかりますが、ポップコーンスイーツのできあがりです。仕上げに好きなフレーバーのチョコソースでデコレーションするとかわいさも上がります!

まとめ

コストコの人気商品「マイクロウェーブポップコーン」は電子レンジだけで作れるお手軽さが魅力のポップコーンです。しかし、電子レンジのポップコーンは不発コーンが多くなったり焦げてしまったり、失敗が多いイメージでした。

でも、今回この記事で紹介した3つのコツを覚えておけば、失敗知らずになること間違いなしです。

加熱後シャッフル
不発コーンは諦める
加熱し過ぎに注意

簡単なうえ、すぐに試せそうなコツばかりです。ぜひ今回紹介したコツを活用して、美味しいポップコーンライフを送りましょう!

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。