食品/飲料

水飴の食べ方を解説!どれくらい練ればいいの?コツについて紹介

水飴は小さい頃よく食べていませんでしたか?小さい頃はよく食べていたのではないでしょうか?
水飴にはいろんな味があります、今回は、美味しく食べるための食べ方について紹介をします。

水飴について

水飴はそのままの名前になりますが、かぎりなく水っぽい飴です。

水飴(みずあめ)は、デンプンを酸や糖化酵素で糖化して作られた粘液状の甘味料。ブドウ糖、麦芽糖、デキストリンなどの混合物で、主成分は酵素糖化水あめや麦芽水あめでは麦芽糖である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E9%A3%B4

水飴の食べ方について

水飴を食べたことがない人はそのままこれって食べるのっておもうかもしれませんが水飴は練って食べるものです。

水飴の練り方

練り方としては割り箸を使って練る形となります。
練り方の順番として

まずは割り箸を割って袋にある水飴を割り箸に巻き付けるようにぐるぐると水飴を巻きます。

水飴はどれくらい練ればいい?

練る目安になりますが、水飴を練る目安としては水飴の色で判断をすることができます。
水飴は練れば練るほど空気がはいっていき白色になっていきます。
タイミングとしては光沢がでてくるので練る目安としてはちょうどいいと思います。
ただ練らなければ食べれないものというものではないので硬さや食感の好みで良いのかなと思います。

割り箸の使い方について

割り箸はひとつのセットの橋を使って水飴を練ります。

コツとしては割り箸をクロスさせて×にさせその中心を軸にくるくると回していくと簡単に練ることができます。人によっては練り方にこだわりがあると思うのでいろいろとためしてみてください

美味しく練って食べるコツ

練って食べるといっても練り方は人それぞれあると思いますが、練る目安としてはほどほどにかたくなってくればそのまま口にいれてしまっても美味しいですが
美味しく食べるコツとしては水飴を丸ごと練り色が白くなるまで練り続けるとさらに食べやすくなります。

その他にも練るコツとしてははなるべくスピーディに練るのがおすすそしてあまり練る時のばせるからといってあまりたくさん伸ばして練らないことです。

なぜ水飴は練って食べるのか?

水飴を練る理由としては
そのまま水飴を食べようとすると水飴は柔らかすぎて割り箸ではたべることが難しいです。
そのため練ることで水飴を固めて食べやすくして、水飴を練って口当たりをよくして食感をさらに楽しむことができます。

あとは単純に練る作業が単純に楽しいのかなと思います。子供は特に喜びますよね。

まとめ

いかがでしたか?今回は水飴のべ方について解説をさせていただきました。
水飴は子供にとってとても楽しい食べ物です。
水飴の食感を楽しめると思いますので、いろんな食感を楽しんでいただければと思います。

ABOUT ME
アバター
ハル
管理栄管理士のハルです!プロの管理栄養士としてたまに講演会をやらせていただいています。定期的に料理教室を開いたり、栄養指導のお仕事の他にも食に関するライティング業をしていたり、毎日忙しい日々を送る食のプロの主婦です。