野菜

もやしを生で食べるのは危険|生のもやしは美味しいのか解説

もやし生

もやしは茹でたり、炒めたりして食べることが多いと思いますが、もやしって生で食べても平気なのかな?っておもったりしませんか?前回の記事ではもやしの賞味期限について紹介をさせていただきましたが、賞味期限がきれていなければ問題なくたべられるのでしょうか?
今回はもやしが生で食べられるのかについて紹介をさせていただきます。

もやしを生で食べることについて

生で食べることができるもやしはあります!が基本的にスーパーでよく見るもやしは生で食べる用ではないのであまりおすすめはしません。。。

食べれられない・危険な理由

もやしが生で食べられない理由として、もやしを育つ環境があります。もやしは日光をあびることなく育つ野菜となり比較的最近の多い環境で栽培がされます。
そして最近の多い環境から収穫されてお店に並ぶの期間として2日ほどはかかるため最近の多さが予想されます。
もやしを生で食べることで最近を胃の中にいれるようなものなのであまりおすすめはしません。

ただし調理をする中で加熱をするとその細菌はなくなるためあまり気にしないで大丈夫です。

生で食べるとどうなる?

全く問題がないという可能性もありますが、お腹をこわす可能性もあるので注意してください。

もやしの生の味は?

独特な青臭さがあって、そこまで美味しいというものではないと思います。特に日本のもやしは加熱前提です。

少し火をいれるだけで細菌は死滅しますし、少しゆでるだけならしゃきしゃきとしたもやしをたべられるのでそんなに生にこだわって食べる必要はありません。

もやしを生で食べる効果

効果として期待がされるのが、腹痛や下痢、嘔吐などです。
細菌が多いですからね、お腹は壊しやすいです、
栄養価的にも何が変わるというわけではありません。

もやしを生で食べたい場合

それでももやしを生で食べたいという人はもやし専門のところにいくといいかもしれません。
もやしを栽培している人のところに直接いきもやしを生でたべることを交渉してみましょう。

おそらくもやしを生で食べさせてくれる人はいるはずです。
そのようなブログも見かけましたので。。

まとめ

いかがでしたか?今回はもやしの生の食べ方について紹介をさせていただきました。
個人的にもやしを生で食べるのはおすすめしませんが、生で食べることにこだわりを持った人もいるとおもいますので、お腹をこわさないようになるべく手段をつかって挑戦をしてみてください。

ABOUT ME
アバター
ハル
管理栄管理士のハルです!プロの管理栄養士としてたまに講演会をやらせていただいています。定期的に料理教室を開いたり、栄養指導のお仕事の他にも食に関するライティング業をしていたり、毎日忙しい日々を送る食のプロの主婦です。