食品/飲料

いちごは洗う?洗わない?正しい洗い方も解説

イチゴ洗わない

寒い季節になると食べたくなるイチゴ!ショートケーキに乗っているイチゴ、そんなイチゴをたまにパックで買って家で食べるときがありますよね。

いちごは他のフルーツとはちがってそのまま食べたりするので、洗わないで食べるべきなのか、洗ったほうがいいのか悩むのではないでしょうか?
洗わないと何か寄生虫とかいたりするのか、農薬がついているのではないのか、、などなど

今回はいちごの正しい食べ方について解説をしていきます。

イチゴは洗う?洗わなくても大丈夫?

結論でいうと
いちごは洗うことが推奨されています。

いちごを洗った方がいい理由

いちごを洗った方が良い理由は、そのまま食べる場合いちごには土などがついていることがあるからです。その他にもパックにつめているのかわからないということもあるので、少し心配だなという人は洗うことがおすすめです。

洗わなくても大丈夫?

洗った方が良い理由として、洗わないと肥料や農薬が付着してるのでは、、体に悪影響が、、と思う人が多いと思います、
確かに昔ならその可能性はありましたが、現在農薬などの心配をする必要はありません。
農薬の使用は現在の安全基準の中でさだまっているため農薬に対してはあまり心配をしないで問題ありません。

農薬の心配について

農薬取締法では、「農薬」とは、「農作物(樹木及び農林産物を含む。以下「農作物等」という。)を害する菌、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルス(以下「病害虫」と総称する。)の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤(その薬剤を原料又は材料として使用した資材で当該防除に用いられるもののうち政令で定めるものを含む。)及び農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる植物成長調整剤、発芽抑制剤その他の薬剤をいう。」とされ、また農作物等の病害虫を防除するための「天敵」も農薬とみなす、とされています。

https://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tisiki/tisiki.html

無農薬が一番良いと感じる人もいるかもしれませんが、農薬があることでたくさんの食品が私たちの食卓にとどくのです。
農薬は絶対悪ではありません。

洗わないでイチゴを食べる場合

いちごは洗った方がいいのですが
いちごを洗わないということもあります。
まず、思い出してほしいのですがあなたがいちご狩りにいったときいちご洗いますか?あまり洗って食べるというよりそのまま食べるという人も多いと思います。

ケーキ屋ではなぜイチゴを洗わない


そしてケーキ屋の場合いちごを洗わないで使用をしています。

ケーキのサイズに関わらず、いちごは洗ってしまうと傷む速度が速くなります。
一度洗ってしまうとどんなに乾かしても傷みのスピードはかわりません。
そのためイチゴを使う場合水であらうケーキ屋はすくなくあります。

イチゴ狩りではなぜ洗わない?

いちご狩りで、洗わないでも食べれる理由として
いちご狩りができる農園は農薬に対して体の悪影響がないようにしています。
そのため、安心していちごをそのまま食べることができます。

いちごの正しい洗い方について

いちごはどれくらい水で洗えばいいのかな?と思うかもしれません。
いちごは洗いすぎてもいけないので、正しいいちごの洗い方について紹介をします。

おすすめの洗い方


まずは食べる前に洗う
これが一番大事です。いちごは水をつけるとすぐに水を吸収してしまいます。そのためすぐに食べないとイチゴは傷みだしてしまい、美味しくないいちごに、、

またいちごのつぶつぶは農薬がつきやすいので、注意してその部分をあらいましょう。

またポイントの一つとしてヘタをつけたまま洗うように洗いましょう。

へたをとって水であらってしまうとみずっぽさがまし、栄養であるビタミンCも水によって流れ去ってしまいます。

その他の洗い方として水の他にも塩水やお酢で洗う。などいろいろ方法はありますが
水であらうのが一番良いです。

洗った後のいちごについて

洗った後のいちごはなるべく全て食べるようにしてください。
理由としては傷むスピードが速いので、食べれる分だけ洗いましょう。
いちごはデリケートなフルーツということを認識してください。

まとめ

いかがでしたか?
今回はいちごの正しい洗い方について解説をさせていただきました。
比較的にいちごは水で洗うのがおすすめです。

ただし洗わなくても健康に大きな問題はないので安心して好きな方で食べてくださいね。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。