食品/飲料

グラニュー糖の代用におすすめの品を紹介!きび砂糖・てんさい糖・はちみつが定番?

お菓子作りや料理から、コーヒーや紅茶に入れる甘味料としての役割まで、グラニュー糖の活躍の幅は広いです。

しかし、普段の料理に使うのは上白糖のみ、「たまの菓子作りのためだけに買ってくるのはもったいない!」と思う方も多いのではないでしょうか。あるいは、普段からよく使っているけれど、きらしてしまったということも。そんなときに、代用できるものをリストアップしました。

グラニュー糖の特徴!上白糖や他の甘味料との違いは?

グラニュー糖とは、精製純度の高い砂糖の一種です。上白糖よりも結晶がやや大きく、サラサラしていることが特徴。甘味にクセがなく、料理の味を邪魔しません。溶けやすいため、コーヒーや紅茶などの飲み物に入れる甘味料としても活躍します。

日本では砂糖というと上白糖をイメージすることが多いですが、世界で一番使われている砂糖はグラニュー糖です。

基本的にはどの砂糖も、サトウキビやてん菜の絞り汁から作ります。サトウキビやてん菜の絞り汁から糖液を取り出して、糖液を煮詰めて出てきた結晶がグラニュー糖です。結晶だけを取り出さずに、糖液をそのまま煮詰めて作る砂糖が黒糖、グラニュー糖を取り出したあとの液をさらに煮詰めて作られるのが上白糖や三温糖です。

長い時間煮詰めていくと、糖液にカラメル化反応が起こり、茶色くなっていきます。砂糖が白いか茶色いかは、どれぐらい糖蜜が煮詰められたかの違いなのですね。

グラニュー糖の代用に使える甘味料10選!家にあるものでもOK!

グラニュー糖はクセがなくて溶けやすく、色々な料理やお菓子作りに重宝することがわかりました。グラニュー糖の代わりになるものには、どんなものがあるのでしょうか。

スティックシュガー

ひとパック数十本から百本単位で売られていることが多く、使い切れずに余っているという家庭も多いのではないでしょうか。実はこの中身、グラニュー糖です。

一本あたりのグラム数も分かるため、計量カップやスプーンを使わずに分量を計れるのも便利です。ただし、カロリー0や、1/2と書いてあるスティックシュガーの中身は、もちろんグラニュー糖ではないので注意しましょう。

粉砂糖

お菓子作りの仕上げに振りかけることが多い粉砂糖。これは、グラニュー糖を砕いたものです。元が同じなので、安心して代用できますね!

ちなみに、グラニュー糖をミルやミキサーで砕けば粉砂糖になるため、互換性があります。グラニュー糖はあるけれど粉砂糖がない !というときにはお試しください。

上白糖

上白糖は取り出した結晶に糖液をかけているため、しっとりしていて、グラニュー糖よりも甘味が強くなっています。
料理やケーキなどの焼き菓子に使う場合はそのまま代用可能です。ただし、マカロンやメレンゲクッキーを作るときにはサラサラとした食感が出にくいので注意してください。

三温糖

三温糖は、上白糖を取り出したあとの糖液をさらに煮詰めて取り出す砂糖です。カラメル化して茶色い色がついています。上白糖よりもさらに甘味が強いです。元々煮物や佃煮に使われることが多い砂糖で、グラニュー糖の代用とすることもできます。

オリゴ糖

オリゴ糖も、サトウキビやてん菜から作られる甘味料の一つです。最近はダイエットや健康増進の効果があると話題になって、スーパーで見かけることも多いのではないでしょうか。
こちらもグラニュー糖の代用とすることができます。

蜂蜜

砂糖ではありませんが、蜂蜜もグラニュー糖の代用品とすることができます。粒ではなく液体のため、クッキーやカステラなどに使うと、しっとりなめらかな仕上がりになります。また、砂糖に比べて甘味が強いため、レシピの分量よりも少ない量で十分な甘味を加えることができます。

メープルシロップ

蜂蜜や上白糖に比べて使用場面が限られるイメージのあるメープルシロップ。家に余っている分をグラニュー糖の代用品にできたら嬉しいですよね。メープルシロップは甘味が砂糖に比べて控え目です。

ガムシロップ

ガムシロップは、砂糖を作る過程でできる糖蜜に水を加えて作られているものと、人工甘味料が使われているものがあります。賞味期限が長く安いガムシロップは大体人工甘味料が使われているため、成分表示を確認してください。

小分けになっていて、他の調味料にも溶けやすいので、煮物やソースを作るときの甘味料として使うのには便利です。

氷砂糖

氷砂糖はショ糖の大きな結晶で、とても純度の高い砂糖です。純度の高さ、さっぱりした甘味、という点ではグラニュー糖に近いのですが、粒が大きく溶けにくいので、そのままではグラニュー糖の代用品としては向きません。フードプロセッサーで細かく砕いてから使えば、代用品として十分使えます。

黒糖

黒糖は、糖蜜をそのまま煮詰めて粉上にした砂糖です。ショ糖の結晶と蜜分を分離させないため、しっとりとしていてコクがあります。大きな塊になっている所が多いので、よく砕いてから使いましょう。基本的な使い方や分量はグラニュー糖と同じでOKです。色が濃いので、仕上がりも茶色っぽくなることは承知しておいてください。

グラニュー糖の代用品を使うと味や仕上がりには影響がある?

グラニュー糖の代用として使える物を紹介してきました。ここでは、味や仕上がりに変わりがあるのかを、まとめていきます。

甘味・水分量の調節に注意!

オリゴ糖・蜂蜜・メープルシロップなど、水分を多く含むものの場合、レシピにある他の水分を減らす必要があります。また、甘味もそれぞれ違うため、調整をしましょう。

【さっぱり】
オリゴ糖・メープルシロップ
【強い甘味】
上白糖・三温糖・黒糖・蜂蜜
【コクがある】
黒糖

代用ができない料理・お菓子もある

マカロンやメレンゲクッキーなど、砂糖が主役で、かつサクサクした食感が大事なお菓子には、グラニュー糖や粉砂糖以外の甘味料を使うことはおすすめしません。仕上がりがべたべたしてしまいます。

【参考:農林水産省 「砂糖の種類」

まとめ

グラニュー糖の代用として使えるものを紹介してきました。
まとめると
・グラニュー糖はサラサラしていて溶けやすく、クセのない味が特徴
 色々な料理やお菓子作りに最適
・上白糖や三温糖、黒糖などは精製の仕方が違うだけで原料はグラニュー糖と同じ
・グラニュー糖を他のもので代用する場合は、甘味を調整しながら使う
・オリゴ糖、蜂蜜、メープルシロップなど液体タイプの甘味料を使う場合は、水分量の調整にも気を付ける
・マカロンやメレンゲクッキーなど、グラニュー糖や粉砂糖以外を代用することが向かないお菓子もある

おいしいお菓子や料理作りに、ぜひ参考にしてください!

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。