ミートローフの正しい食べ方を解説!美味しい食べる方法は?

ミートローフって美味しいですよね!ただなかなかミートローフは食べる機会があまりないこともありミートローフを美味しく食べる方法を解説しまうす。

ミートローフについて

ミートローフは名前のそのままの意味でミートはお肉でローフの意味がかたまりとなります。

用は肉のかたまりです。
愛のかたまりみたいなものですね。(?)
アメリカでは主流となり、パンにはさんで食べたりすることが多いです。

ミートローフはどうやって作られてるの?

作り方は挽肉とタマネギを混ぜてつなぎをおりまぜたものをオーブンで焼いてしまうことができます。

ミートローフとハンバーグの違い


あれ?これはハンバーグなのでは?と思うかたもいるかもしれません。
ミートローフはオーブンで作ることがメインとなりひっくり返す必要がなくオーブンにいっきにいれればいいだけなので手間としてはハンバーグよりかからないのも特徴です。

ハンバーグとよく似ているのは材料がまったくハンバーグと同じです。
ミートローフは挽肉の生地を型にはめてオーブンで焼く

ミートローフの食べ方について

ミートローフは日本の家庭料理ではあまり食べないですよね。
アメリカではオーソドックスに食べられるのですが、オーブン料理は日本ではあまりメインではないので多くの人がそうなると思います。

生でそのまま食べる

ミートローフは冷たくても美味しいです。
すでに加熱処理されているため、出来上がったミートローフは生とはいいいきれませんが
そのまま切ってたべるもより、チーズと一緒に食べるのも美味しいです。

レンジでチンする

冷たいのが少し苦手という人は、レンチンしてしまいましょう。
お肉なのでレンチンすることで肉汁が、、、ジューシーさがアップするので僕個人としてはこちらがおすすめ。

焼いてソテーにする

少し手間がかかりますが、もっと美味しく食べるならしっかり焼いてソテーにしてしまうのがおすすめ。
野菜といっしょにやいてしまうのも良いですね。

湯煎する

いっきに丸ごとミートローフを食べてっしまいたい、そしてあったかくヘルシーにジューシーさも味わいたいときは湯煎がおすすめです。

ミートローフに合う調味料・味付けについて

ミートローフは作成の時点で調味料を付けて作成がされるため、そのまま食べても美味しいのですが、どのようなソースや調味料であうものを紹介します。

ケチャップとソース

元がハンバーグと一緒でもあるので、ケチャップとソースは定番で美味しいです。

マスタード

お肉ではるので、マスタードとも非常にあいますね、ピリッとした味がマスタードとミートローフに非常にマッチしています。

まとめ

いかがでしたか?今回はミートローフについて紹介をさせていただきました。

ミートローフはあまり食べる機会がないかもしれませんがオーブンがあったりミートローフを食べる機会があったら是非参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。