パンチェッタって何?ベーコンとの違いは?美味しい作り方も解説

パンチェッタ尾を皆さん知っていますか?
あまり聞きなじみがないかもしれませんが、パンチェッタとベーコンに似ているものとイメージされている方も多いのではないでしょうか?または違いがよくわからないという場合も

今回はパンチェッタについて解説をさせていただきます。

パンチェッタについて

日本ではあまり使われることのない名前ではありますが、パンチェッタはパスタであるカルボナーラなどによく使われたりしています。

パンチェッタの正体は、豚肉の塩漬けなのです。

イタリアでは比較的主流の食品です。
ベーコンと比べられる理由としてパンチェッタは生ベーコンとも言われていていることからベーコンと比較を良くされます。

ベーコンとパンチェッタの違いについて

比べられるベーコンとパンチェッタの違いはなんでしょうか?
違いとしては
ベーコンは燻製にさせます。豚バラ肉を塩漬けにして
パンチェッタについては、ベーコンではあるのですが燻製にさせない塩漬けをした豚バラ肉です。
そのために生ベーコンとも言われています。

美味しいパンチェッタの作り方

パンチェッタの作り方として大変そうだと思う方もいるかもしれませんが比較的簡単につくることができます。

材料について

豚バラ肉、塩コショウハーブがあればつくることができます。
好みによってその他のもので香りづけをするのもOKです。

作り方について

まずは肉の表面の部分に穴をフォークなどであけそこに塩や胡椒、ハーブをふりましょう。
その後肉を良くもんで密封できる保存袋の中で3日くらい冷蔵庫にいれます。
そうするとドリップがでてくるので、キッチンペーパーを交換しながら1週間たつと完成します。

少し焼いてみていい感じの味だったら問題ありません。

しょっぱすぎたら水にいれればある程度の緩和がされます。

パンチェッタを保存する

少し長めに保存をしたい場合は冷凍庫にいれて、1っカ月ほど保存をきかせることができます。

まとめ

いかがでしたか?今回は生ベーコンでもあるパンチェッタについて解説をさせていただきました。
ちょっと作ってみたいと思った方は是非挑戦をしてみてください

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。