さつまいも

葵はるかは美味しい?糖度から味、特徴についてわかりやすく解説

さつまいもには様々な品種がありますが、「葵はるか(アオイハルカ)」という品種をご存知でしょうか。
他の有名どころのさつまいもに比べると聞きなれない名前ですよね。
この記事では、葵はるかはどこで採れる?旬な時期は?などの疑問について解説していきます。

葵はるか(アオイハルカ)とは

葵はるかは宮崎県で作られているさつまいもで、宮崎県の方には馴染みがある品種のひとつです。

葵はるかの甘みの秘訣は熟成

葵はるかの最大の特徴は、熟成さつまいもであるという点です。
葵はるかは農薬を殆ど使用せず栽培され、収穫後は一定の温度と湿度を保った貯蔵庫で約1ヶ月ものあいだ熟成させます。
他のさつまいもだと収穫からすぐに出荷することがほとんどですが、この熟成期間を置くことでなんと糖度が60度まで上がり、他のさつまいもには無い甘みが生まれます。
気になる味はというと・・・甘みが強くしっとりとした舌ざわりのさつまいもで、一度食べるとやみつきになりますよ。

葵はるかを使ったおすすめレシピ

葵はるかは焼き芋として食べるのがおすすめですが、調理するとより甘みが増すためスイーツにもぴったりです。
そんな葵はるかを使ったレシピをご紹介します。

レシピ①スイートポテト

材料:葵はるか 300g/バター 30g/グラニュー糖 60g/生クリーム 25ml/卵黄 1/2個分
<塗る用>卵黄 1/2個分/生クリーム 少々

①葵はるかを皮ごと洗い、ラップに包んで電子レンジで加熱する。
②竹串がすっと通るまで熱したら、熱いうちに皮を向いて裏ごしする。
③オーブンを200度に予熱する
④ボウルに裏ごしした葵はるかと常温に戻したバターを入れて混ぜ、そこにグラニュー糖、生クリーム、卵黄を少しずつ加える。
⑤鍋にうつして水分を飛ばす。(目安は手につかなくなる程度)
⑥形を整え、クッキングシートを敷いた天板に並べる。
⑦卵黄と生クリームを混ぜ合わせて表面に塗り、そのあとオーブンで表面に焼き色がつくまで焼き上げる。

レシピ②葵はるかのレモン煮

材料:レモン果汁1個分/葵はるか 250g/水 600cc/砂糖 90g/薄口醤油 大さじ1

①葵はるかを洗い、皮付きのまま1cm幅に半月切りする。
②葵はるかを鍋に入れ、水を加えて弱火で5分ほど茹でる。茹で終わったら水を切っておく。
③別の鍋に水、砂糖、薄口醤油、葵はるかを入れて一煮立ちさせる。煮立ったら弱火で5分ほどさらに煮て火を止める。
④用意しておいたレモン果汁を加えて冷ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。葵はるかを食べてみたくなりましたよね!
最近ではインターネット通販などで手軽に注文することができるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
アバター
ハル
管理栄管理士のハルです!プロの管理栄養士としてたまに講演会をやらせていただいています。定期的に料理教室を開いたり、栄養指導のお仕事の他にも食に関するライティング業をしていたり、毎日忙しい日々を送る食のプロの主婦です。