低温調理

ローストポークの低温調理!オーブンの前に60度から57度のお湯につける!

ローストポークの低温調理について今回の記事では紹介させていただきます。
ローストポークを低温調理することでオーブンで約よりもっと柔らかく美味しくたべることができるので是非参考にしてください。

ローストポークの低温調理

ローストポークは豚肉を使った料理となり、豚肉の塊に塩コショウをつけて真空パックに入れてお湯の中に入れる作業が低温調理の流れになります。

この時に必要となるものとして温度系を使ってお湯の温度を確かめるため
温度計は予め用意しておきましょう。

低温調理と聞くと少し難しそうに感じてしまいますがやることとしては非常に簡単です。
お湯に入れてしばらく時間がたったら、その後オーブンやフライパンでバター等と一緒に表面を焼けば完成です!
そして気になるのはお湯の温度になりますので温度について解説を行います。

温度について

ローストポークにつけるお湯の温度は

60度の時間

60度の温度で低温調理を行う場合、1時間から2時間程度という人もいれば
長時間の方の場合は6時間という方もいます。
ただどちらにしろ美味しいので、どっちが好みなのかは人によると思われます。

57度の時間

57度も同様になりますが、6時間程度お湯に入れておくという声が多くあります。

65度の時間

この方の場合は3時間程度入れたそうです。

62度の時間

3時間程度お湯につけた声になります。

低温調理のローストポークは美味しい

今回は低温調理のローストポークについて紹介をさせていただきました。
温度としては60度前後を目安にしてじっくりと待つ!
そして肉好きなら是非やってほしい料理の1品となります。

ローストポークについて

ローストポークはそもそもなんなのかというの豚の塊です。
肩ロース等は特に美味しいので、お好みの豚肉の塊で是非、低温調理を試してみてくださいね

ローストポーク(英語: Roast pork, ドイツ語: Schweinsbraten)は、豚肉の塊肉(ブロック)にオーブン等で火を通した料理。ドイツ南部・オーストリア・スイスの伝統料理である。

ウィキペディアより

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。