Uber Eats

Uber Eats (ウーバーイーツ)の出店に必要なものは?方法と順番を解説

ウーバーイーツ出店

新型感染症の影響による緊急事態宣言によって夜の時間にお店の営業をすることが難しくなってきた昨今
テイクアウトが可能なことからテイクアウトで営業をしているお店があります。

自分のお店も少しでもお店の収益になるようにUber Eats (ウーバーイーツ)への出店を検討されている方も多いのではないでしょうか?
今回はUber Eats (ウーバーイーツ)の出店のやり方を紹介します。

Uber Eats (ウーバーイーツ)への出店について

Uber Eats (ウーバーイーツ)に出店しているお店のことをなんというかご存知ですか?出店しているお店のことを通称レストランパートナーといいます。
レストランパートナーの業務範囲としては注文があってから料理を作り配達パートナーに料理を渡すことまでが業務範囲となります。

この仕組みについては別の記事で紹介をさせていただきます。

Uber Eats (ウーバーイーツ)に出店する方法について

出店する方法はそこまで多くはないのですが、Uber Eats (ウーバーイーツ)側の審査等あることから若干時間がかかります。
現在初期費用をかけずに導入をすることもできるため、検討している方は是非Uber Eats (ウーバーイーツ)へお問い合わせをしてみてください。

出店する手順

出店する手順としては入力フォームから、まずは申込をおこないます。
出店をしたい店舗の基本的な情報を記入すれば問題ありません。

予約の登録

その後にUber Eats (ウーバーイーツ)からメールが届くので。電話の内容にそって予約対応をおこなってみてください。

電話案内について

予約登録の後にUber Eats (ウーバーイーツ)側から電話がなります。
その場でレストランパートナーについての説明をされるので、30分ほどは時間をみつけて電話にとりましょう。

不安な点や疑問点もその場で聞けるので、ある程度聞きたいことはまとめておきましょう。

契約書について

電話の説明を聞いた後はUber Eats (ウーバーイーツ)からメールが届き契約書の契約に進みます。
契約書は電子契約書になるので。PCからで問題ありません。
そこからだいたい1週間ほどで店舗情報が登録されるので、焦らずまちましょう。

写真について

待ってる間にUber Eats (ウーバーイーツ)側が派遣してくれる人に料理やメニューの撮影をしてもらいます。
プロの方が撮影をしてくれるため質は非常に良いです。
ただし撮影時間は1時間なので注意をしてくださいね。追加で時間が必要な場合は別途費用が発生します。

そのため何を撮影したいか等は決めておくのがおすすめです。

設定対応の方法について

UUber Eats (ウーバーイーツ)とのシステムの連携をするうえでシステム設定を行う必要があります。
設定についてはUber Eats (ウーバーイーツ)側の対応のためどんな写真をつかってほしいか等はUber Eats (ウーバーイーツ)側にしかりとつたえておきましょう。

注文タブレットについて

その後レンタルタブレットが支給されます。
支給されるメーカーはレノボとなるので、若干動きは遅いかもしれません。

タブレットの操作について

タブレットの使い方がよくわからないという人もいると思いますが。タブレットの操作についての研修もあるため安心してくださいね。
その他にも電話でタブレット対応をしなければならない場面がでてくるので。その点も重点的にやりましょう。

出店するのにどれくらい時間はかかる?

おおよそなりますが、審査から登録をふくめるとだいたい2か月ほどはかかります。
手続き自体はとても簡単なのですが、審査と、写真撮影、写真の登録などあるため急いでやるよりしっかり吟味をして出店の準備をしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回はUber Eats (ウーバーイーツ)の出店方法について解説をさせていただきました。
現在非常に需要の高いサービスのため売上が落ちてきている店舗は是非ご検討くださいね。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。