豚肉と牛肉の違い|見分け方と特徴について解説

豚肉牛肉の違い

冷蔵庫の中に豚肉と牛肉の食べかけを混ぜて保管をしておいておくと、あれ、これどっちが牛肉で、どっちが豚肉なんだ?と思うことはありませんか?
以外と見分け方が難しかったりする代表的な肉について紹介をしていきます。

豚肉と牛肉の違い

見た目でぱっとわかる人は少ないかもしれませんが
見分けるためのコツとしては色が最も見分けるのに適しています。
味は大きくちがう2つの肉ですが、今回は調理をする前ということで見た目の色で判断をします。

豚肉の色の特徴

豚肉は牛肉と比較して、赤ではなく若干灰色に近いピンク色のような肉の色になります。
脂の部分は薄い白です。豚肉は変色をすると若干灰色の色がつよくなるため暗くなってくるような語りです。
その後の変色は黒くなっていくのでこの色になっていたら、食べないようにしてください。

牛肉の色の特徴

牛肉は豚肉と比較して、赤い色が特徴的ではっきりとした白色になります。
若い牛の場合は紅色となっていて、年齢を重ねた牛の場合は濃い赤色になります。
ピンク色なら若い牛なんだな!子牛なんだなと認識をしておけばいいと思います。

牛肉の変色もときをたてばたつほど暗くなるので色が怪しいと思ったら食べないようにしましょう。
詳しい牛肉の変色についてはこの記事で紹介をさせていただきます。

見分け方

味で見分けるのは一般的にわかる人が多いのではないでしょうか?

豚肉の味は?

豚肉は比較的にヘルシーで脂っぽさがなくさっぱりとしたジューシーなお肉の味となります。
味はぶいによって大きく異なるので、部位ごとに別の記事で紹介をさせていただければと思います。

冷しゃぶや生姜焼きにもよく使いますよね。

牛肉の味は?

牛肉の味は大きくわけていうと、乳臭い、甘味のある味となります。
すきやきやハンバーガーではよくつかわれます。

まとめ

いかがでしあでしょうか?今回は牛肉と豚肉の違い、見分け方について紹介をさせていただきました。
あまり間違えることもないかもしれませんが、いざ迷ってしまったときは色で見分けるようにしてくださいね!

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。