干し肉はそのまま食べられる?美味しい作り方と腐らない理由を解説!

干し肉って食べたことありますか?漫画とか映画を見ているとみると美味しそうではないけれど保存食としてよく食べているな、ゲームでも干し肉ってよくでてくるなと思う人も多いのではないでしょうか?

そして星肉はそのまま食べて平気なのか、どんな味なのかについて解説をしていきます。

干し肉について

干し肉は大きく分けて二つの種類があります。
干し肉はどれくらいの乾燥をさせるタイプとなるのでひとつひとつ解説します。

一つ目は
水分をすべてなくしてからからにした干し肉と半生タイプの乾燥を短時間でさせるものがあります。
コンビニとかにある感想した干し肉は完全に水分をとばした干し肉となります。

干し肉の起源について

干し肉は1000年以上昔からハワイやモンゴルでも作られていて、ハワイではピピカウラ、モンゴルではぷるちゃといわれたりしています。
日本では岡山県が有名で津山市の伝統食品となります。

生で食べられる?

本来なら肉は生で食べるのは危ないと思われますが
干し肉の場合長時間かけて干し肉をつくります。
結論としてはそのまま生で食べることができます。干し肉が生で食べられるのは下記の理由からとなります。

干し肉が生で食べられる理由

干し肉を作る話しとかぶってくるのですが、干し肉をつくるうえで塩をたくさんtかいます。
塩が多いことにより菌が増えにくく、傷みにくいというのがあります。
熟成(長期間寝かせる)ことからうま味のある肉ができます。熟成させるのと腐敗させるのは期間としては似ているのですが、適切な保管をさせないと熟成させられず腐敗してしまいます。

そのためプロがつくった干し肉ではないと危険なので、素人が作った干し肉はある程度覚悟をもって食べるのがいいです。

美味しい干し肉の作り方のコツ

素人が干し肉を作るのが危険性があるとは伝えましたが
安全な作り方について解説をしていきます

乾燥させる場所について

乾燥させる場所はなるべく湿度の低いところで保管をするようにしましょう。
湿度が高いだけで傷みやすくなり、干し肉づくりに失敗をしやすくなります。そして直接日光にはあてないようにして、風通しのいいところを保管場所としておくようにします。

干し肉を作る時期について

干し肉を作る時期は全体的に乾燥する時期の秋ごろから冬につくるのがおすすめです。

用意するもの・作り方の順番

用意する肉と部位について

用意するものとしては、肉です!
どの肉でも干し肉をつくることはできるので、あなたが作ってみたい干し肉を挑戦してみえください。

ただ肉の部位としえ脂身は干すのみ向いていないので脂身の少ない肉を選ぶようにしましょう。

作り方の順番

干し肉は名前の通り放置をしておけば比較的手間がかからないので仕込みをしっかりやる形となります。

味つけについて

選んだ肉をまずは塩や醤油などの調味料にだいあい1時間くらい漬け込んでください。
特に塩は必ず使うので調味液には塩、あとは香りづけで好みのハーブをつけるといいでしょう。

乾燥のさせ方

乾燥のさせかたとして、干し網を100均やホームセンターで購入することができます。風が通りやすく湿気があまりないないところを選びましょう。
そして前述で調味液につけた肉をキッチンペーパーで水分をきって1枚1枚並べてください。

室内でやる場合は除湿器や扇風機を使うようにしましょう。

熟成のさせ方

乾燥を10時間くらい行ったら、冷蔵庫で熟成をさせます。

そして熟成と乾燥を2~3日かけて干し肉をつくりあげています。
固めがいいなら3日くらいかけてつくるといいでしょう。

家で作った干し肉を食べるとき

家で作った干し肉はいくら安全に考慮をしていても100%の安全はありません。
そのため少しでも心配だという人は加熱などをすることで安全性があがります。

まとめ

いかがでしたか?今回は干し肉について解説をさせていただきました。
家でつくった干し肉は加熱したりすることで、安全性もあがります

干し肉づくりをすることで、肉へのこだわりがさらに深くなってきて干し肉づくりにハマる人も、、

是非参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。