砂肝の焼き加減はどれくらいが美味しいのか、中身が赤くても大丈夫か解説

砂肝を焼き加減ってどれくらいが一番ベストだと思いますか?
砂肝を焼いているとき、中身が赤かったりしてたべられるのかについて紹介をしていきます。

砂肝の焼き加減について

砂肝は焼き加減はけっこうわかりにくかったりします。砂肝はしっかり焼かいて砂肝に火を通すと身がぷりっとして非常に美味しいのですが、焼きすぎると固くなってしまうのでしっかり火を通すための目安を解説していきます。

焼き加減の判断の方法

焼き加減の判断の方法として、中に火をしっかり通っているのか確認をする必要があります。
焼き鳥のような砂肝で焼いているときとくにわかりにくいのですが、しっかり火がとおっているか確認をする方法として、竹串やつまようじを使って竹串を刺して白い汁がでていればしっかりと火が通テイル形となります。

それでも火がちゃんと通っているのか不安だという方は、軽くゆでるとさらに安心になります。

砂肝の表面で判断

表面の色として赤色から茶色になっていたらいい色あいです、
あとは前述したとおりの竹串をさして判断をする形です。

焼き加減の目安について

焼き加減の目安としては、人によって好みがわかれるためなんともいえないのですが、少し赤みのあるレアが良い人やしっかり通っているのが好きな人もいます。
そのため前述した竹串をさして白い汁がでていたらあとは好みで問題はないでしょう。

食感の目安

食感の目安として

火が通っている砂肝は、こりこりとした食感になります。
ただしまだ火が通り聞いていない半分生なものはぶよぶよしているので食感で判断をするのも焼き加減を判断する方法の一つです

焼く時間は?

焼く時間として薄めにスライスをしあ砂肝なら2分くらい炒めるだけで充分に火は通っています。
そのままの形で焼く場合は少し時間がかかり長ければ10分くらいかけて焼く場合もあります。

火の強さについて

火の強さとしては中火くらいでちょうどいいと思います。
強火でもいいと思いますが、焼き加減を間違えると焦げてしまう可能性があります。

砂肝を焼くコツ

砂肝を焼くコツとしては、そのまま砂肝で焼くと火を通しにくかったりするので薄くスライスして焼いてしまえばわかりやすいです。

焼く時間も短縮することができるので、初めて砂肝を焼く場合はおすすめです。

砂肝の中身は赤くても食べられるのか

結論としては赤くても食べられます。
ちなみに砂肝は新鮮なものなら刺身でも食べられるといわれています。
菌のレベルとしてはホルモン系の肉より心配は少ないです。

ただし刺身で食べたいという場合は素人で判断するのは危険があるのプロが提供してくれるものを選ぶといいでしょう。

砂肝について

砂肝は焼き鳥でよく使われている鶏肉のもつ砂嚢(さのう)という部位のことです、焼き鳥の中でもとても人気な部位の一つです。

砂嚢 (さのう、英: gizzard、鳥類においては ventriculus、gastric mill、 gigerium とも) は鳥類、爬虫類、ミミズ、魚類などに見られる消化器官である。分厚い筋肉からなる袋状あるいは管状の器官で、食べたものをすりつぶす機能を持つ。小石などを利用して消化の助けとする種もある。昆虫や軟体動物では、砂嚢の中にキチン質の小板や歯のような構造を持つものもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E5%9A%A2

まとめ

今回は砂肝の焼き加減について解説をさせていただきました。

砂肝を焼くときの是非参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
ささ
食と肉の専門家 美味しいお酒を探し求めながら、全国をふらふら歩いています。 多くの焼肉店から多くの飲食外店を食べ歩き 最高の食を多くの人に提供します。