Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)は怖い? 危ない体験談から本当にあった怖い話し!被害に合わないための方法は?

緊急事態宣言により、自宅にいる時間も増えUber Eats(ウーバーイーツ)でご飯を注文するという人も増えてきたのではないでしょうか?
そのUber Eats(ウーバーイーツ)を注文した際に怖い体験にあったという方はいませんか?
今回はその体験談と被害に合わないための対策方法について紹介をさせていただきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)はフードデリバリーサービスとなります。
Uber Eats(ウーバーイーツ)は海外が元となり2016年から日本に上陸しました。
その後多くの店舗とコラボしてお得なクーポンをだしてUber Eats(ウーバーイーツ)ユーザーは続々と増えていっています。
初回限定クーポンが非常にお得ではあるのですが、2回目以降のクーポンもあるので初回だけしかお得ではないなんてことはありません。
最近では山田孝之さんと阿部寛さんのCMも印象的でしたよね。料理を注文できるのはもちろんですが、配達パートナーになるハードルが非常に低いため多くの人が配達パートナーへ登録をしています。
特に東京のパートナーの数は圧倒的な多さです。

特に今回の緊急事態宣言や、リモートワークが多くなったことにより需要はさらに多くなった注目のサービスです。
そして多くのユーザーが多くなったことでマイナスの口コミ、体験談も必然的にふえていってしまいます。
特に配達する人は慣れた人がつねにやってくれるわけではなく。近くにいてすぐに対応できる人から配達の対応をしてくれるというので質の面での担保が少し難しいのが欠点です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が危ない・怖い理由について

Uber Eats(ウーバーイーツ)の最大のデメリットからまずお話しをします。

配達パートナーが誰かわからない

それは前述で書いた内容となりますが、配達パートナーが誰がもってくるかまったくわからないのです。
誰がもってくるかわからない!という理由ですが
出前は基本みんなそうだと思うかもしれません。ですがUber Eats(ウーバーイーツ)の場合、面接がをすることがなくすべての人がすぐ働くことができるということから
どんな人でもはたらけてしまうというメリットとデメリットが混在をしているのです。
他社のデリバリーの場合は会社側で

またニュースではUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの交通マナーが悪いということでも一時期問題になりましたよね。

その他の理由として

住所や名前が他の知らない誰かにバレるのが怖い

怖い理由のひとつとしてあげらるのが個人情報がバレてしまうことによる弊害に抵抗が強いという人がおおいです。
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録をするとき、メールアドレス、携帯番号の入力が必須となり住所も教えないと届けてくれない、その点で不安に思う人が多い形となります。

商品を直接受け取りたくない

あったこともない知らないだれかがもってくる商品です。
特に女性の場合もってくる配達パートナーが男性だったらどうしようと不安に思うことはあるのではないでしょうか?
どうして直接受け取りたくないという人はその場に置いてもらうという方法もあるのでその方法で注文をしてみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の危ない・怖い体験談

Uber Eats(ウーバーイーツ)のトラブルや危ない体験談はどんなものがあるのでしょうか?
主にどんんあことがあるのか紹介をさせていただきます。
配達パートナーに怖い思いをさせられる。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに嫌がらせそされる。

対応が高圧的だった、恐喝をさせられた
個人情報をばらされた可能性がある。
配達パートナーとは違う人がきた。。。大小ありますが、様々です。

交通マナーの悪さでも話題になった

これは仕方のないとことでもありますが、交通マナーの悪さでニュースになりました。

対応の悪い配達パートナー

配達パートナーによっては非常に対応に問題がある人もいたとのことです。

ただしこれは本当に非常に悪い例となります。
ほとんどのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの人は非常に丁寧に対応をしてくれます。
家電製品で故障品にあたてつぃまったといったようなものですね。

安心して注文するための対策方法について

Uber Eats(ウーバーイーツ)でよくでる不安点については以上の内容になりどのサービスでもいえることではあるのですが、100%安全なサービスというものはありません。
電車でも飛行機でも世の中のものすべてにはイレギュラーのような可能性が秘められています。
ただその不安を少しでも緩和するための対策方法について紹介をします。

登録名を偽名(ニックネーム)にする

実はUber Eats(ウーバーイーツ)の登録は本名じゃなくても登録することができます。本人確認とかとくにないので、、、登録時に必要な情報は携帯番号や住所の連絡先のみです。
そしてすでに本名で登録してしまった人でもその名前は変更をすることができるので、本名に抵抗のある人は、変えることがおすすめです。
特に女性の場合、男性の偽名を使うだけで配達パートナーからの嫌がらせをされなくなったという報告もあったため是非ためしてみてください。

配達パートナーの顔を確認をする

配達パートナーの確認ってできるの?って思うかもしれませんが、一部の店舗では専用で契約をしている配達パートナーがいます。
自宅まで配達をしてもらう際、どんな人がくるかわからない不安に対しての対策としてUber Eats(ウーバーイーツ)では注文が確定した後に顔写真を確認することができるシステムがあります。

自宅で受け取らない

これも非常に有効な手段となります。自宅でうけとるのは不安なので、人気のある少し離れたところを指定しましょう。
オプションの項目として玄関先までお届け、外で受け取るという選択肢があるので
目印になるようなとことでとどけてもらうというのも手段の一つです。

直接受け取らない「置き配」の利用

受け取るのが怖いなら、受け取らなければいいのです
置き配というオプションがあり、。これは指定をした場所に注文をした商品を置いてもらえるというシステムです。置いた後にその場所に置いたという写真も撮ってもらえるので安心感は非常に高いです。

一人のときに注文をしない

不安なのは一人で注文をうけとるからですよね、誰かと一緒にいればその不安もほとんどなくなりませんか?
家族や友人がいるときに注文をするのもおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でトラブル、怖い目にあったときはどうする?

対策方法をかきましたが、それでもトラブルは100%避けるのは難しいかもしれません

トラブルや怖い目にあうは人によっては様々ですが、あまりにひどい場合は警察に相談するのがおすすめです。ただ犯罪性が少ない場合はまずサポートセンターに連絡をしてください。
サポートセンターに電話をするだけで、抑制力にはなります。

まとめ

いかがでしたか?今回はUber Eats(ウーバーイーツ)で起こった怖い体験談から不安や怖さをなくすための対処方法を解説しました
上手く使えば非常に便利なデリバリーです。
是非皆さんもUber Eats(ウーバーイーツ)をうまく活用してくださいね。

ABOUT ME
アバター
うた
フードデリバリーマニア! 1日1回はフードデリバリーをするフードマニア Uber Eats(ウーバーイーツ)からフードパンダのことを中心に執筆しています。 食べることが好き。