Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達料(送料)は高い?手数料はどれくらいなの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達料ってどうやってきめられているんだろう、、と思ったことはありませんか?手数料も日によってばらばらだしお店によっても金額がちがったりします。
特にまだUber Eats(ウーバーイーツ)を使ったことがない人にとって
Uber Eats(ウーバーイーツ)の送料とか手数料は高そう、、というイメージはとても強いと思います。
この記事では配達手数料や送料について詳しく解説をしていきます。

送料(配送料)と手数料について

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みからまずは説明をします。
Uber Eats(ウーバーイーツ)は注文する人とUber Eats(ウーバーイーツ)に加盟をしているお店、配達をしてくれる配達パートナーというこの3つの間でやりとりが発生をしています。
Uber Eats(ウーバーイーツ)がお金をもらっているのは、この配達をすることで得られる金額になるんです。
注文した料理の金額だけではUber Eats(ウーバーイーツ)のお金にまったくならないってことはわかりますよね。

そのためUber Eats(ウーバーイーツ)は注文をする人、加盟店のお店の人、配送パートナーから手数料という形でお金をえている形で収益をだしているのです。

このUber Eats(ウーバーイーツ)と同じビジネスモデルをやっているのは他にもいくつかあり、それについてはまた別の記事で紹介をさせていただきます。

送料(配送料)の決め方について

次に送料の決め方について解説をしていきます。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送料の変動は比較的大きい部類になります。その理由として下記の通りです。
まず1つ目が、注文した人の家(届けてほしい場所)から注文をしたお店の距離
2つ目が利用するお店の値段設定
3つ目が利用する地域
4つ目が天気
この4つで送料がきめられていきます。

配達する距離の金額について

Uber Eats(ウーバーイーツ)はまず配達する距離で送料設定をします。以前まで(2018年11月前)までは一律の380円ではあったのですが、2018年11月以降距離で変動する形となりました。

配送手数料は都市ごとに異なる料金帯から、主に料理の受け取り場所やレストランの所在地によって決定いたします。

Uber Eats公式サイトより

配達する距離の最低金額は?

最低金額としては50円から設定がされています!お店が近ければ近いほどこの部分では非常にお得になりました。

お店値段設定について

Uber Eats(ウーバーイーツ)をヘビーで使っている人ならすでにお気づきかもしれませんが、2019年の4月以降お店ごとに送料を変えるということを発表しています。

2019年4月9日(火)より、東京・埼玉・千葉・神奈川・京都・大阪・兵庫における Uber Eats の配送手数料を改定することとなりました。
配送手数料はレストランごとに異なりますため、2019年4月9日(火)以降、アプリにて詳細をご確認ください。

Uber Eats公式サイトより

このことから距離以外にもお店次第では送料がたかくなってしまうのです。
確認の仕方としてはアプリ内に記載がされているので、そこで比較をしていく形となります。
相場観としては300円~といった印象ですが、エリアによって異なるため一概にはいいきれません。

地域の送料について

地域によっても送料は大きく変動をおこします。例えば新宿の場合の最低送料金額が260円、最高送料金額が570円だったとします。
それが別の地域では290円が最低料金になり、最高料金は540円となるのです。

これはあくまで例になるので、リアルタイムで送料の金額は確認するのがおすすめです。

天気で料金は変わる

天気でも送料の金額は変わってしまいます。
Uber Eats(ウーバーイーツ)はダイナミック・プライシングという仕組みを導入しています。
これは需要と共有で価格を変動させるシステムで
例えば雨の日は家にでたくない、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文しようかな。。と思う人が増えるのに対し

配達パートナーは雨の日は外にでたくない、濡れたくない、こんなことを思う事よって配達パートナーは減ってしまいます。
このような現象により送料の金額が引き上げられるといったものです。

そのため天気の悪い日は送料が上がりがちなのでちゃんとチェックをしましょう。

送料(配達料)の他にかかる料金について

前述した通り送料は確定するのですが、この料金以外にも料金がかかるものがあります。
それは
サービス料金と少額注文における手数料になります。
ただし少額注文における手数料についてはかからない場合もあるので、サービス料は上乗せされるとイメージをもっておきましょう。

サービス料について

サービス料について貝瀬うをします。サービス料って配達料じゃないの?って思うかもしれませんが、サービス料は上乗せされる金額になります。
こては注文した商品の10%がうわのせされてしまいます。領主書をみるとかいてあるのでチェックしてみてください。

少額注文における手数料について

こちらは名前の通りになりますが、あまり大きい金額をつかってないとお金とるよといったものになります。
条件としては注文した商品の金額が700円未満であること

この場合金額の上乗せとして固定で150円が金額として発生します。

配達料・手数料をお得に安く抑えて注文をするには?

最もお得に注文する方法として上げられるのが
初回注文限定のクーポンを活用することです!
その他にも期間限定の送料無料クーポンやお得なキャンペーンが常に実施されているので是非チェックをしてみてください。
クーポンのまとめ記事はこちらで紹介をしています

またUber Eats(ウーバーイーツ)の料金が他のデリバリーより安いのか比較をしたいという方向けに記事もあるため参考にしていただければと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達料・手数料 まとめ

いかがでしたか?配達料・送料の金額が日によってちがったり、地域・お店によって異なるということがわかりましたでしょうか?
最も安いタイミングというものはなかなかわかりにくいため
お得なクーポンを活用してなるべく安く注文をするのがおすすめです。特に初回限定クーポンはおとくなので是非活用をしましょう

ABOUT ME
アバター
うた
フードデリバリーマニア! 1日1回はフードデリバリーをするフードマニア Uber Eats(ウーバーイーツ)からフードパンダのことを中心に執筆しています。 食べることが好き。